借地権売買の無料相談ってどんなことを教えてくれるの?

借地権に関する相談

土地を所有する所有権とは異なり、借地権は地主と物件の所有者との関係性によって様々な相談があります。両親から相続した物件があり、老朽化しているので新築にしたいと考えたとき、建物の建て替えには地主への許可が必要になります。駐車場に変更するケースや、増改築をする際も借地権の場合は地主への許可が必要になります。地主側から見たトラブルでも、勝手にプレハブ小屋が建っていて無断建築されているケースもあります。何か物件の変更などを検討している場合は、まずは地主に相談をすることで円満な関係性で進めることができます。

サポート借地権付きで物件を売却することも可能ですが、売却する際も地主への許可が必要になります。借地権付き物件は資産価値が下がってしまうため、手頃な価格で販売されるケースが多いです。土地の所有権を持っていれば、売り手の買い手が合意すれば売買が成立しますが、借地権の場合は地主が承諾しなければ売ることができません。買い手が見つかった後に地主が同意しないで売買が成立しないケースもあります。地元を離れた状態で両親の物件を相続した場合は、地主との関係性が希薄なため売却をしたくても地主の承諾を得られないケースもあります。不動産会社の無料相談などでは、不動産会社が仲介して、合意のための関係回復をサポートしてくれる相談もあります。

〔参照リンク〕http://syakuchi-kaitori.com/
借地権売買の相談を受け付けているピタットハウスです。

複雑な借地権

借地権は地主との関係性が大きく影響します。法律的に複雑なため事例によって様々なトラブルがあり、どのように解決をしてよいか個人では判断できないケースもあります。最終的には人間関係の部分も大きくなってくるので、言ってないや聞いてないといった心理的な不快感や信頼関係によって事態が悪い方向に進んでしまいます。新借地借家法の定期借家件の場合、一般的に存続期間を50年と定めており、期間が長いため、物件の相続などで地主との関係性も変化していくので、トラブルになってしまう事もあります。借地権に関しての解決は個々人によって違いがありますので、借地権売買については専門的な知識を持っている不動産会社などに相談をすると良いです。

不動産会社借地権売買に関して専門的に扱っている不動産会社もありますし、無料相談も行っていますので、どういったトラブルになっていて解決策などを一緒に検討してくれます。不動産会社によっては借地権についての知識が低いケースもあり、不動産会社によっては対応が異なるケースもあります。不動産会社によって考え方が異なった場合、どちらの意見が正しいのかを個人で判断するのは難しいです。借地権の価格も不動産会社によって査定金額が変わってきます。借地権割合と路線価によって算出する基本ルールはありますが、贈与税や相続税も借地権には課税されるので複雑になっています。

借地権売買の無料相談

新しくマンションを購入する際や、新築を検討したり、増改築を検討したりしている時に借地権がネックになるケースがあります。両親から相続した物件に借地権があるケースもあります。簡単に説明すると借地権とは土地自体の権利を借りて建物を建てることで、もともと土地の権利を持っている地主から土地の権利を借りていることになります。マンションなどでも借地マンションと呼ばれるものがあり、土地は所有しないで借りた状態でマンションを購入するというケースがあります。借地権のメリットには土地の所有権を得るものではないので、借地権の方が安価に物件を購入することができるほか、固定資産税や都市計画税がかからないメリットがあります。

借地権借地権も譲渡することができるので、借地権付き物件という名称で物件が売り出されているケースもあります。物件を購入するには大きな費用が発生するので、なるべく安い物件を手に入れたいですし、固定資産税や都市計画税を支払うのも大変になります。借地権を利用すると便利な部分もありますが、トラブルになってしまうケースもあります。増改築や名義変更をする際には手数料が発生したり、売却や譲渡、増改築などには地主の承認が必要になったりします。借地権も平成4年に新法が制定されて、旧借地権と新法借地権の2種類があり、それぞれに違いがあるのも複雑になっている要因です。土地を借りているので地主との人間関係によってトラブルになってしまうことがあり、専門的な知識がないと解決しないケースもあります。