借地権売買の無料相談ってどんなことを教えてくれるの?

借地権に関する相談

土地を所有する所有権とは異なり、借地権は地主と物件の所有者との関係性によって様々な相談があります。両親から相続した物件があり、老朽化しているので新築にしたいと考えたとき、建物の建て替えには地主への許可が必要になります。駐車場に変更するケースや、増改築をする際も借地権の場合は地主への許可が必要になります。地主側から見たトラブルでも、勝手にプレハブ小屋が建っていて無断建築されているケースもあります。何か物件の変更などを検討している場合は、まずは地主に相談をすることで円満な関係性で進めることができます。

サポート借地権付きで物件を売却することも可能ですが、売却する際も地主への許可が必要になります。借地権付き物件は資産価値が下がってしまうため、手頃な価格で販売されるケースが多いです。土地の所有権を持っていれば、売り手の買い手が合意すれば売買が成立しますが、借地権の場合は地主が承諾しなければ売ることができません。買い手が見つかった後に地主が同意しないで売買が成立しないケースもあります。地元を離れた状態で両親の物件を相続した場合は、地主との関係性が希薄なため売却をしたくても地主の承諾を得られないケースもあります。不動産会社の無料相談などでは、不動産会社が仲介して、合意のための関係回復をサポートしてくれる相談もあります。

〔参照リンク〕http://syakuchi-kaitori.com/
借地権売買の相談を受け付けているピタットハウスです。


借地権に関する相談
Previous post
複雑な借地権
Next post