借地権売買の無料相談ってどんなことを教えてくれるの?

複雑な借地権

借地権は地主との関係性が大きく影響します。法律的に複雑なため事例によって様々なトラブルがあり、どのように解決をしてよいか個人では判断できないケースもあります。最終的には人間関係の部分も大きくなってくるので、言ってないや聞いてないといった心理的な不快感や信頼関係によって事態が悪い方向に進んでしまいます。新借地借家法の定期借家件の場合、一般的に存続期間を50年と定めており、期間が長いため、物件の相続などで地主との関係性も変化していくので、トラブルになってしまう事もあります。借地権に関しての解決は個々人によって違いがありますので、借地権売買については専門的な知識を持っている不動産会社などに相談をすると良いです。

不動産会社借地権売買に関して専門的に扱っている不動産会社もありますし、無料相談も行っていますので、どういったトラブルになっていて解決策などを一緒に検討してくれます。不動産会社によっては借地権についての知識が低いケースもあり、不動産会社によっては対応が異なるケースもあります。不動産会社によって考え方が異なった場合、どちらの意見が正しいのかを個人で判断するのは難しいです。借地権の価格も不動産会社によって査定金額が変わってきます。借地権割合と路線価によって算出する基本ルールはありますが、贈与税や相続税も借地権には課税されるので複雑になっています。


借地権に関する相談
Previous post
借地権売買の無料相談
Next post